障害者用物品に該当する自動車の消費税減免措置のゆくえ

■減免された消費税分はだれが負担しているのか?

 障害者の運転や同乗に供する特殊な改造を行った自動車を購入した際には、消費税の減免措置を受けることができます。280万円の自動車を購入し20万円の改造を行った場合、通常であれば324万円の支払額になるところ、24万円が減免されて300万円の支払いとなる制度です。この制度は、福祉用品全般が非課税となっている制度に合わせて、自動車用の福祉用品の消費税も非課税とする趣旨の制度です。

 

 

2017年10月04日