言語・聴覚障害向けの電話リレーサービスが始まりました。

2021年7月1日より、電話リレーサービスが開始されました。

電話リレーサービスとは、聴覚障害や言語障害などで発話が困難な方向けの電話サービスです。

手話やタイピングで健常な人と話ができるサービスです。

特に、自動車を運転する上記の障害をお持ちの方は、交通事故の際の警察への通報手段を確保することは、被害者の救護義務を果たすために最低限必要です。

すでに警察が運営している「110番アプリ」や、今回スタートした「電話リレーサービス」に必ず加入して安全な運転を目指してください。

 

なお、以下に簡単ですが110番アプリと電話リレーサービスの違いについて表をご紹介します。

 

  緊急通報について 一般への通話 料金 申し込み方法 利用可能時間
110番アプリ 110番通報のみ利用可能 出来ない。 無料 アプリ 24時間
電話リレーサービス 110番、119番、118番への電話が可能 可能。 有料 手帳のコピー提出など少々複雑 24時間

電話リレーサービスの詳細は、運用機関である「日本財団」のホームページに詳しく出ています。

 

2021年07月05日