車両展示

日本障害者モータースポーツ協会では、ドリームメーカーレーシングプロジェクトで使用している、日本に1台の究極のバリアフリーレーシングカーのイベントでの展示を非営利で承っております。

福祉イベントやお祭りなどの会場内で車輌を展示。運転席に座って写真撮影などを楽しんでいただくことが出来ます。

「障害があっても、自分らしく生きる!」を表現する、福祉イベントに相応しい展示です。

障害のある子供たちにも、大人たちにも大変喜んで頂けます。

展示をご希望の方がいらっしゃいましたら、こちらの問い合わせフォームよりお問い合わせください。

■展示について

レーシングカーは、車載用トラックで会場へ持参します。イベント期間中に車載車輌(3トントラック)が駐車できる場所が必要です。

展示場所は、平らな場所で、舗装されていることが条件となります。

■エンジンの始動デモンストレーションについて

ご希望があれば、会場内でエンジンを始動させるイベントを行うことが出来ますが、かなりの大音量になります。

■費用について

会場までの輸送費実費のみ、ご請求させていただきます。(トラックレンタル費用がおおよそ2万円。その他ガソリン代、高速代など)

エンジン始動デモンストレーションは別途若干の費用が加算されます。

この事業は、NPO法人日本身障運転者支援機構の特定非営利活動です。