身障ドライバーのためのドライビングレッスン

免許手続きも終わり、いよいよ第2のドライバー人生のスタートです。でもちょっと待って、いきなり公道って不安じゃないですか?

日本身障運転者支援機構では、身障ドライバーを対象とした出張ドライビングレッスンを承っております。

■ ドライビングレッスンには以下のような方々が参加されています。

初めて手動装置や左アクセル装置、旋回グリップ等の補助装置を使う方

高次脳機能障害や認知機能の低下等の後遺症がある方

病院の往復で運転したいので、実際のルートを使って練習したい

通勤のために運転したいので、実際のルートを使って練習したい

自家用車で練習したい。

■ レッスンの主な内容

車へのトランスファーや車椅子の収納の方法等

各種の補助装置の適切な使い方(手動装置や旋回グリップの使い方。左アクセル装置の使い方等)

着座姿勢の維持の確認

車庫入れなど、基本的なハンドル、アクセル操作の確認

高次脳機能障害や認知機能低下に特有な運転感覚の確認や調整

■ レッスンの対象となる方

臨時適性検査などの必要な免許手続きが完了している方

自家用車に必要な改造(補助装置の取り付けなど)が完了している方

自動車用任意保険に加入していること

*年齢や性別、障害の程度は問いません。

■ 料金について

レッスン料金+出張交通費実費の合計額です。

*頂戴した費用の全額が障害者の運転支援に充当されるNPO法上の特定非営利活動です。

■レッスン料金 

1回6000円(税込)基本は1時間ですが、ご本人の希望や障害の状況、運転歴などを考慮して1日最大2時間まで練習可能です。

*1日2時間が1単位です。それ以上の時間も可能ですが、2時間の運転でもご本人はかなり疲労しますので、2時間以上は原則行いません。


交通費 

東京都、神奈川県、埼玉県、山梨県は交通費無料。その他の地域の場合は、実費交通費が掛かります。

■ レッスン場所について

ご自宅周辺の一般公道や高速道路を使いますが、ご希望があればお近くの免許センター(試験場)のコースを利用することも出来ます。(免許センターによって対応が異なります)

■ お申込方法

直接お電話、または問い合わせフォームよりお問い合わせください。日程調整をさせて頂いた上で伺わせていただきます。

■ レッスンにあたってのご注意事項

レッスン中の事故などが起きないよう充分注意して指導しますが、万が一発生した交通事故の責任は、ドライバーが負っていただきます。

レッスン中は車内の様子を動画撮影させて頂きます。

撮影した動画や、お聞きした個人情報について、個人の識別が可能とならない範囲で、当会が実施する研究や学術発表で利用することがあります。

出来るだけ、ご家族の方の同乗をお勧めしています。

交通量にもよりますが、出来るだけ土日の午前中など、道路が空いている日時で実施されることをお勧めします。

運転レッスンのチラシPDFが出来ました。ご自由にお使い下さい。サイズはA4です。

チラシ表チラシ裏